・気軽に遊べる面白い新作フリーゲームをたくさんの人に紹介すること。
・フリーゲームの作者に、作品発表の場と制作する目標を提供すること。
・プレイヤーは匿名で本音の感想を書き、作者はそれを次回作に生かしてより面白いゲームを作るという好循環を生み出すこと。
・一堂に会したゲームを題材にフリーゲーム作者、プレイヤーたちが交流すること。

 3分ゲーコンテスト(以下当コンテスト)は、セイヤーさんが運営していたRPGツクール関連ニュースサイトである「ツクール新聞」のコンテンツとして2004年に始まりました。元々「ツクール新聞」に多くの閲覧者がいたこと、当時のRPGツクール2000の人気も重なり、2~3か月に1回開催という超ハイペースでありながら、多い時には30作品以上が応募される、人気のコンテンツとなりました。

 第2回に応募された「Every Extend(エブリ・エクステンド)」は後にPSP用ソフトとして発売されました。

 2008年の第17回の後、当時の主催者トモタカさんにより休止が発表されました。当コンテストを目標にゲームを作っていたフリーゲーム作者たちは、作品発表の場がなくなってしまいました。

​ その声を受けて「フリーゲームクラシック(フリクラ)」など、いくつかの個人主催のゲームコンテストが開催されましたが、その多くは長続きせず、18回まで長く続いたフリクラも終了しました。

​ 2015年、突如復帰したトモタカさんにより第20回3分ゲーコンテストが開催され、大変な盛り上がりとなりました。そのまま続くかと思われましたが、再び休止に入りました。

 2018年、当コンテストの応募者の一人であった私(やれやれ)は創設者であるセイヤーさんに連絡をとり許可を得た上で第21回を開催、今に至ります。

 第20回まではダウンロード型の作品のみが応募可能でしたが、第21回からは、ダウンロードせずにブラウザでプレイするゲームもOKに変更、大きな転換点となりました。

エブリエクステンド.jpg
Every Extend (エブリ・エクステンド)
愛と勇気とかしわもち.jpg
愛と勇気とかしわもち